スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑虫が世界を救う

聴く事を多くして語ることこ少なくし
行う事に力を注ぐべし
(成瀬仁蔵 日本女子大学の創設者)



ご苦労様です。苦労してないけど。。。

眞井です。
ゴールデンウィーク、どの様に過ごされましたか?
でもでも毎度の事ですが、休みってアッという間に
終わってしまいますね(^_^;)ほんまに・・・

で・・・またまた原発ネタでございますが、北海道
泊原発が停止して「42年ぶりに日本の原発50基すべてが停止」
関西では電力不足のため計画停電が必要だ・・・とか
何かと暗いニュースが多い今日この頃でございますが・・・・

少し明るい話題を・・・TVのニュースで見かけたのですが・・・




image[6]




ミドリムシという生物をご存知でしょうか?
淡水に生息している微生物なのですが、こういうやつです。

ゾウリムシやミジンコみたいですよね^^;
実は、この ミドリムシ が 地球温暖化と
食糧危機を救うかもしれないんです!

どいういうことかというと、このミドリムシ
動物と植物の中間的な微生物なんです。
つまり、微生物でありながら、光合成やCO2を吸収するんです。

しかも、その吸収量がものすごい!
光合成によるCO2の固定効率は、
イネが0.7%、トウモロコシが1.5%に対し
ミドリムシは30%にもなるんだそうです。

これを培養すればすごいことになりそうですよね^^
そして、ここに着目して大学とともに研究している企業もいて
東京のベンチャー企業「ユーグレナ」では
屋外大量培養にも成功しているそうです。

しかし、火力発電所レベルで発生するCO2の吸収は難しく
実現するには、縦横800メートル、深さ1メートルの
巨大水槽で培養する必要があるそうなのです。

ミドリムシだけに頼るのは難しいですが
植林活動などと連動していけば可能性も考えられますね。

そしてミドリムシにはもう一つ注目すべき特徴があります。
それは、水や栄養塩、太陽光とCO2だけで人間に必要な栄養素の
ほとんどを作り出すことができるんです。


これを利用して、アフリカの飢餓難民向けに
ミドリムシ入りのクッキーも試作されているようです。

栄養が豊富なので、飢餓難民だけでなく
栄養が不足しがちの日本人にもよさそうですね。

とはいえ、ミドリムシ入りと言われると
アフリカの方々には申し訳ないですが
ちょっと抵抗ありますね^^;



新築・リフォーム設計施工
TEL 0743-69-5551
FAX 0743-69-5552
URL http//maikoumuten.com/
E-mail tm@maikoumuten.com





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://maikoumuten.blog.fc2.com/tb.php/78-083fced4

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。